世代・文化・人を繫ぐ場

文化財の管理・保護に対して、
これまで「守ること」=
「手を加えないこと」として
受け継がれてきました。
しかし、これからの時代、
より多くの方、世代に関心を持ってもらい、
そして知ってもらいたい。

今、思い・世代・文化・歴史・
人を繫ぐ場として「守り活かす」

三国町の宝である
旧森田銀行は、
THE MORITA BARとして
再び灯をともします。

INFORMATION

INSTAGRAM

@themoritabar

HISTORY

HISTORY

大正浪漫を感じる建築

三国湊は古来より越前の玄関口ともいうべき
経済の要港として発達してきました。
中世以来、湊の発展を支えてきたのが、
北前船による廻船業を生業とした豪商たちで、
その中のひとつが森田家。

明治時代になり廻船業の衰退を察知した
森田三郎右衛門は、1894年(明治27年)に
森田銀行を創業。
確かな信用のもと、県内上位の優良な銀行に成長。
1920年(大正9年)この建物が新しい本店として落成。

外観は西欧の古典主義的なデザイン、
内部は豪華な漆喰模様。
細部のデザインや技術へのこだわりは
建築思想の質の高さの表れであり、
福井県内に現存する最古の鉄筋コンクリート造です。

旧森田銀行本店
設計技師:
山田 七五郎
YAMADA SHICHIGORO
日本の建築家。長崎県技師、横浜市の初代建築課長を歴任し、1914年(大正3年)から1929年(昭和4年)まで、横浜市の建築営繕組織のトップとして組織を統率。1925年にパリで開催された現代装飾美術・産業美術国際博覧会(アールデコ博)では、日本館の設計を担当。
1920年(大正09年) 森田銀行本店落成
1930年(昭和5年) 福井銀行と合併
福井銀行三国支店として営業
1994年(平成06年) 坂井市(旧三国町)財産指定
1997年(平成09年) 文化庁の登録有形文化財に指定
1999年(平成11年) 旧森田銀行本店として一般公開
2021年(令和03年) 「THE MORITA BAR」限定OPEN

ACCESS

https://moritabar.jp/wp-content/themes/morita_bar/img/top/map_marker.png